2014年05月06日

遺伝による影響と生活習慣が与える影響

【遺伝による影響】

遺伝による身長への影響はおよそ25%〜30%程と言われています。
25%が有力だとした場合、身長の遺伝的要因は4分の1となります。
ということは4分の3は努力で伸ばせる可能性があるということになります。


4分の3と聞くとなんだか可能性に期待を感じませんか?
ではその努力とは何か?
これは日々の生活習慣でしょう。


【生活習慣による影響】

【食事】
かつての日本の男女の平均身長に比べ、ずいぶんとスラっとした方が増えてきました。
そこには食生活の変化が関係しています。
>身長を伸ばす食事<のいくつかの記事でもご紹介した通り、現代では質の良いタンパク質・カルシウムなどの食事を手軽に摂取出来る様になりました。
これは欧米文化の導入に加えサプリメントなどの開発も影響しています。

【運動】
運動は伸長促進に欠かせない成長ホルモンを分泌させます。
バスケットボール・バレーボール・なわとびの様な骨に対して縦へ刺激する運動が良いとされています。
そしてかなり重要な運動とされているものにストレッチがあります。

【ストレッチ】
特に成人を越えてしまっている方は毎日欠かさず実践して頂きたい種目です。
ストレッチも種類が豊富ですので無理の無い範囲ですると良いでしょう。
身体・筋を引き伸ばすということは非常に有効とされています。

最近密かに注目している
■ 身長アップ↑モデル伸長法が非常に気になっています。
>成長期を過ぎた大人でも、1日5分のエクササイズで、5センチ身長を伸ばせる!?<


【睡眠】
人は熟睡中に成長ホルモンを分泌します。
詳細は>寝る子は育つ<に記載しておりますので是非ご一読下さいませ。

上記の3項目、食事・運動・睡眠
この3項目をバランス良く心がけていると遺伝的要因を上回り身長を伸ばすことができる可能性があります。

食事もバランス良く摂取
運動も縦への刺激を意識
睡眠も早寝早起き

いずれも身長アップの為の基本ですね。日々意識するとこから初めてみましょう!

生活習慣の中で身長に悪影響を及ぼす最も怖いものがあります。
それは“ストレス”です。
ストレスに関しては>ストレスが与える影響<で記載しております。



posted by スラスター at 00:24| Comment(0) | 身長にまつわる雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。